日本向け圧力機器のコンサルティング

海外で製作される圧力機器(圧力容器、弁、ポンプ、圧縮機、タービン等)を日本に輸入する際は、高圧ガス等の日本国の法規が適用されます。

圧力機器の危険性の程度によって、設計審査、製作中検査、輸入時の検査が必要となります。これらの検査は、機器の使用目的、適用法規、機器の種類、使用圧力、容積等により異なります。

弊社では、機器輸入者様が日本で使用できる様、製作者様の検査記録等必要書類の収集、当局への申請手続きのご支援を致します。

適用法規:

  • 高圧ガス保安法
  • 労働安全衛生法(第一種圧力容器、第二種圧力容器)
日本向け圧力機器のコンサルティング
日本向け圧力機器のコンサルティング