検査全般

< 産業機器の代行検査 >

各種プラント用機器の検査をユーザーの代行で実施します。検査の手順は、供給者評価(ベンダーサーベイ)、検査関連図書のレビュー、KOMへの参画、PIMの開催、工場での製作中検査、現地据付検査、エキスペダイティング等ですが、これらを一括して実施、或いは個別に実施する等、ユーザーのご要望に沿って実施します。製作工場は日本を含む全世界を対象としています。溶接技術者の資格保持検査員による電気事業法に係る検査も行います。

< 原子力用機器の第三者検査 >

弊社フランス本部は、フランスの独立行政機関 ASN (Autorite de Surete Nucleaire) 原子力安全力から認定された第三者検査機関です。ASNが係るフランス或いはその他全世界の原子力発電所で使用される機器は、弊社が第三者検査機関として検査することができます。日本で製作する機器についても同様に検査することができます。

< 溶接士技量の第三者認定 >

< 溶接施工法確認試験の第三者認定 >

Apave Japan can provide witness inspection at site to verify the quality of industrial equipment, on behalf of client at any stage of production by client’s request.

Inspection items are generally as follows, and any inspection by client’s request is available.

  • Material inspection,
  • Visual inspection,
  • Dimensional inspection,
  • Non-destructive examination,
  • Mechanical running test,
  • Welder Qualification test,
  • Welding Procedure Qualification test,
  • Welding inspection,
  • Pressure test, leakage test, Function test, Performance test,
  • Electricity/instrument inspection,
  • Painting inspection, Packing inspection

Apave inspection network in many countries can provide thoese checks at manufacturers or sites over the world. Apave inspectors with license of welding engineer can perform inspection in accordance with Japanese Electricity Business Act.

Apave is a notified body for Pressure Equipment Directive (PED). We can offer inspection services for all aspects of PED.